林業ICT

ICT is an abbreviation for "information and communication technology"

#スマート林業

​ITツール×ドローンの導入により

調査時間の短縮、人員削減、安全で確実な作業の構築​を

​森林調査コストの削減

森林調査は林業を行う上で、

・森林現状の把握・作業の方針、施工・将来の目標林型の設定

のために非常に重要な業務です。

従来の手法では、人が林内に入り一本一本樹高と太さを測る

という膨大な時間と労力がかかる作業でした。

しかし、この調査費用については、会社負担で行うため

経営を逼迫する大きな要因でした。

この部分を改善するため弊社ではドローンを導入し

空から森林を調査する手法を取り入れました。

これにより、​調査人員の削減が可能になりました。

ドローン
scansurveyZ_操作画面2_edited.jpg

使用しているソフト
3D GISツール「ScanSurvey Z Pro」

ドローンで収集したデータはそのままでは使用できません。

調査結果を取得するためには解析ソフトを利用する必要があります

弊社で使っているのは株式会社ビィーシステムの

『Scansurvey Z Pro』です。

ドローンカメラで取得した写真を、SFMソフトで点群化し

そのデータをソフトで解析することにより

様々な情報を得ることができるようになりました。

これにより、森林を3Dで“見える化”が可能になり、

施業地の維持管理にも役立っています。

​さらに、GIS機能があるため森林情報の活用にも理効果があります

※GIS(Geographic Information System)・・・地理情報システム
地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に加工して視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術。

ITツールをさらに活用

弊社に施業委託される森林所有者様へは

解析したデータをもとにプランを提案させていただいております。

取得した情報を基に、木一本ごとの管理も可能となるので、

それを活用してスマート林業(林業のICT化)推進に向け

​取り組んでいきます。

rinngyou.jpeg

こんな依頼もお受けできます

山林の航空写真が欲しい

また、動画映像が欲しい

森林の境界を簡単に知りたい

所有する山の資源量が知りたい

土地家屋の航空撮影

上空からの記念撮影

家屋、高所、危険か所の撮影